So-net無料ブログ作成
検索選択

ノーベル賞 2012 山中 うつ病・・・

ノーベル賞 2012 山中 うつ病 の記事です。

ノーベル賞 2012 山中 うつ病・・・
ノーベル賞とは?ips細胞とは?


山中伸弥教授が世界最高峰の名誉である
2012年ノーベル医学生理学賞を受賞しています。


誰もが知る超メジャーの賞であるノーベル賞。
ダイナマイトの発明者として世に名高いアルフレッド・ノーベルの遺言により、
1901年から始まった世界的な賞となる。


≫≫≫山中伸弥教授も知らないノーベル賞の裏事情



経済学、平和、文学、生理学医学、化学、物理学、の6分野で世界の
人々のために役立つ顕著な功績を作った人物に与えられるもの。


ノーベル賞の授賞式は12月10日にストックホルムで開催され、

賞金800万スウェーデン・クローナ(約9800万円)が贈られる予定。

世界最高峰の賞として妥当な金額でしょうか?


個人的には少し低額なような気もしますが、名誉とかその他の収入に
及ぼす影響を考えれば十分なのかなと思うよ。


いくら欲しくても限られた人物にしか与えられないのだから、
研究者にとって、最高のブランドとなるでしょうね。


日本人として、ノーベル賞受賞は19人目で、
医学・生理学賞は昭和62年の利根川進・米マサチューセッツ工科大教授に
続いて2人目の快挙となる。


ips細胞(人工多能性幹細胞)とは?


ips細胞(体のあらゆる細胞になることができる人工多能性幹細胞)とは
皮膚などの細胞というものを、をさまざまな細胞に分化する
という特徴を持ったものみたいです。


人体というものは、もともと1つの受精卵で出来ていて、
それが細胞分裂などにより皮膚や目などそれぞれの組織や
臓器となるということ。

ips細胞はそれを初期化したものなので傷ついたり、
機能を失ったりした組織や臓器をつくる再生医療
革命を起こすとされているよ。


さて、iPS細胞とはどういう意味なんでしょう。

【induced Pluripotent Stem cell】(人為的に多能性を持たせた幹細胞)

というスペルから頭文字を取ってiPS細胞と名付けらたみたい。
最初の i は、アップル社の「iPod」からとったものみたいです。

「iPod」のように広く世界中の人々から指示されるものに
なるようにという願いからなのでしょうか?


そんなiPS細胞が生まれるまでの道のりは
平坦ではなかったようで、数々の挫折を山中教授は
乗り越えてきたらしい。

アメリカの研究機関から日本にもどり、あまりに違う
研究施設の環境から過酷な研究になりストレス
溜まったのでしょうか?
うつ病状態になり、一時はIPS細胞の研究を
断念しようとされたみたいですよ。


ノーベル賞受賞の記者会見でも、これまでの研究生活を振り返り、

途中で投げ出したり、やめたくなることもあった、
大変な二十数年だった

と振り返りながら、笑顔で迎えてくれる家族の支えがあり、
研究を続けてこれたと家族愛についても言及していたよ。


また、取材対応を終了後に、京大iPS細胞研究所に立ち寄ると
学生たちが、山中教授の気持ちを和ませようと温かく
迎えてくれたことや、研究仲間からの祝福を電話で何本も
受け取り、仲間という存在に感謝している とも話していたよ。

Copyright © 今日の芸能ニュース!!エンタメ・ニュースげっちゅ! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
TOPページはこちら

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。